MENU

人にやさしい家とは

人にやさしい家とは色々あります。例えば「地震に強い家」「環境にやさしい家」「高齢者にやさしい家」などいろいろです。この中で、高齢者にやさしい家が最近注目されています。高齢者の死亡事故は外での事故ではなく家で起こることが多いということです。家庭内での事故が3分の1を閉めているそうです。住宅内での主な事故は「浴槽内の溺死」「スリップ・つまずきによる転倒」「階段から転落」です。年を取るとともに、体の不自由が出てくるにもかかわらず、日本の家というのは高齢者にとって危険なつくりになっていることが多いのです。住み慣れた地域や家で、高齢者が無理なく安全に暮らしていけるよう、家のつくりにも工夫が必要です。

まず、高齢者にやさしい家の条件として家の中や外に手すりをつけることです。手すりをつけることで歩行や立ち座りなど日常の動作を補助し、安定した姿勢を保ち転倒や転落を防いでくれます。この工事は大きなものでなく、ホームセンターで材料を取り寄せ自分で付けることもできるのです。使用する人の体の状況に合わせて、形や材質、位置や高さを決めていきます。新築時に将来手すりなどを設置することを予測して、土台の補強をしておくことも大事です。

次に家じゅうの段差をなくすことも大事です。現在では、ほとんどのマンションや一戸建ては段差がないものになっています。段差がなくなるとつまずきや転倒を防ぐことができ、車椅子での移動がスムーズにできます。車椅子移動を考え、家の通路などは広めに設計したり、ドアは引き戸を使用する方が多くなってきています。高齢化による目の不自由さや動きの悪さが原因のため、室内電気の位置は手の届きやすい位置に設置したり、IH調理器にして、火事になりにくい調理器具を取り入れることも重要です。

日産オートワンのフーガハイブリッド情報ページ

毎日の健康のために有益なビタミン情報がここにあります。

リンク

糖化の成分や効果

この糖化情報サイトで学習する