MENU

ペット可能の住宅

「ペットと一緒に住みたい」という声はここ数年全国的に高まってきていて、特に都市部でその傾向があるようです。癒し系を求めるこの世の中、家族同然の犬やねこたちなど近年ペットを飼う人が増えてきています。その影響か、最近ではペット可能の分譲マンションや賃貸マンションが増えてきていてペットの重要性が強くなった形ともいえるでしょう。以前はペットでもOKのマンションが少なかったので、飼い主は住まいを探すのに時間がかかったり、なくなくペットを預けたり、譲ったりすることが多くみられました。今はペットOKのマンションがほとんどです。特に分譲マンションはペットのためのマンション設備が充実していることが多いのです。ペットと暮らすこれからの住まいづくりには新たな視点とアイディアが必要だと思います。

ペットが暮らす家は年々さまざまな工夫がされています。例えば、フローリングを永久に変えることなくきれいなままで保てる工夫です。ペットを飼うと床が傷ついたり、おしっこで床が変色したり、匂いがしみついたりします。そして床をなめたペットにアレルギーが出ることもあります。また、フローリングは滑りやすいのでペットに負担がかかったりします。

この様にペットと飼う家族が安心し、綺麗で清潔にいられる家を実現したものがあります。一つ例にあげてみます。「愛犬の床」はペットに適したフローリングを提供しているところです。内容は、床をひっかき傷から守ってくれる・耐薬品性があるのでおしっこも染み込まない・ペットが床をなめても安全・ペットの足腰に負担のないすべり具合などです。このようにペットに配慮された家というのは、最終的には人間にもやさしい家なのです。

最近の新築マンションにもペットが暮らせる充実した設備がたくさん備えられています。「ペット賃貸net」でも検索して探せますし、ペットが飼える賃貸マンションは保証金などが大きな出費になりますが、保証金も安く契約できる「ペット不動産」もあります。また、ペット共生型賃貸住宅というのがあり、ペットを飼う人たちのために入居後に専門スタッフによる「ペットしつけ教室開催」などのサポートを行っているところもあります。例えば旭化成はペットの気持ちになり心地よく過ごせる空間を実現しています。ペットと暮らす上で起こりうる問題や人とペットが快適に暮らせるように設備を揃えています。例えば帰宅時にペットが飼い主にとびかかり外へ飛び出さないように配慮された「フェンスドア」や各部屋を自由にくぐり抜けられる「ペットくぐり戸」またペットスペースに嫌な匂いがこもらない「換気扇」、一回部分にペットと遊べる「専用庭」などです。外には、ペットが散歩した後洗える「ペット足洗い場」、リードなしで遊ばせることができる「ドッグラン」なども充実しているところもあります。

DHA EPAに関する健康情報をここで入手

リンク

ソニー生命の事ならマネモ におまかせ

ここを要CHECK

乳酸菌のことならこれ