MENU

シックハウス症候群とは

家を新築したりリフォームすることで直後の室内空気汚染によって引き起こされる病気です。例えば室内のかびやハウスダストによって引き起こされるアレルギー症状などがあります。

こちらのサイトでは、健康になるための成分などを紹介しています。

建材や建材関連品には大量の揮発性化学物質が含まれています。それは建材の防腐剤や接着剤の成分、またシロアリの防虫剤としてもあらゆる家の中で使われている化学物質です。新築やリフォームしたあとに家の中を匂いしてみるとその多くはホルムアルデヒドやトルエンなどのその量がごくわずかでも体に害を及ぼすものがあります。

症状として、家に入ると涙がでる・目がしみる・鼻水鼻詰まり・動悸・息切れ・頭が重いなど、人によってさまざまな症状を引き起こします。シックハウスの症状は新築マンションでもおきます。私もシックハウスでは怖い経験があります。新築の建物が大好きな私は賃貸でマンションを借り、家族で引越しした途端に急性の喘息を引き起こしました。今まで喘息と言われたことがなく、風邪もほとんどひかない体質でした。すんでから半年位たったある日、咳と息苦しさが続き病院で診てもらいましたら医師に急性の喘息と診断され、ショックを受けて帰った記憶があります。原因は新築のマンションでした。子供や主人は変化はありませんでした。同じマンションに住んでいる方にたずねましたが何も変化もなく私がシックハウスの症状が出たことに驚いていました。同じ家でも症状が強く出る人やまったく出ない人まで様々です。幸いにも急性喘息は気管支拡張剤を服用することで治まりましたが、医師には喘息はまた引き起こすこともあるので気をつけるよう言われたのです。特に小さいお子様がいる家庭はシックハウス症候群をひきおこすような新築の建物には注意をはらうことが大切です。

シックハウスの症状かなと疑いはある場合は保健所か施行業者に相談し、家の中の空気を測定してもらうことができます。保健所は簡易測定なので無料で測定をしてくれます。シックハウス症候群の症状は中枢神経や自律神経の機能障害が認められ、診断のために神経眼科検査が必要です。目の動きの滑らかさや光りに対する瞳の反応で異常値を示します。

予防としては原因が家の中にありますので引越しは有効な対応です。また汚染部分の交換・空気の換気・新しい家具にも注意することも大事です。一度症状が出た方は芳香剤やたばこ、香水など他の匂いにも敏感になり不眠症を引き起こし、心療内科で治療する方も多くいます。ひどくならないうちに、発症後の対策をきちんとすることが大事です。十分過ぎるくらいの安全な建材と建材関連品や家具などを選ぶのもいいでしょう。また、自分でできる改善方法にはサウナや運動療法、温熱療法もあります。

グルコサミンに関する健康情報をここで入手

リンク

住友不動産販売 でマンションを検索

DHA EPAの成分や効果

このDHA EPA情報サイトで学習する