MENU

家相とは

家相は家屋の位置や構造が住んでいる人の運命に影響することを信じ、その配置方法の吉凶を判断する占法の事です。住宅建設にもその家相が取り入れられて建設するようになりました。家相はあまり興味がない私でしたが年を増すごとに気になってきて、引越しの際にはトイレの位置は徹底するようになりました。実は私の叔父が家を新築してから胃腸の調子が悪く15年後に直腸ガンを患い手術をしました。幸いにもガンは再発せず今も元気です。後で聞いて驚いたことですが、叔父の新築した家はトイレが家の真ん中にあり、それが原因と言われたのです。家の真ん中にトイレがあるのは家相ではマイナスの要素になり人によって体の不調が出るというのです。叔父は家族のことを考えリフォームしました。しかし、家相ばかりにとらわれていると家づくりも難しくなりそうです。「家相が悪い」などと言われると気になるのは仕方がありません。過度に気にすることが気持ちを不安定にさせ体への不調につながることもあります。悪いことを気にしすぎず前向な気持ちでいて、ある程度、昔から取り入れられていた家相は知識だけを頭に置いといて、住む人がいかに快適に過ごしやすい、動きやすい、使いやすい家にするかが大切だと思います。

健康な毎日のために
カルシウムのサイト(URL)

家相は迷信とも言われることもあり、一番に気にしなければいけないことは、「人の意見まどわされてつくる家」はやめた方がいいと思います。最近は家づくりの知識と経験のない人の意見に左右されることが多いようです。家づくりは難しく奥深いものです。人生経験のあるものでも完璧に仕上げ満足のいく家は少ないと思います。成功と失敗も含めて、たくさんの経験と知識を持った人が良きアドバイスになると思います。

リンク

マルチビタミンの詳しい情報はここ

コンドロイチンのことならこれ

ビルベリーの成分や効果

このビルベリー情報サイトで学習する