MENU

低層マンションとは

低層マンションは3階建て以下のマンションを低層マンションといいます。通常、低層と中高層を分ける定義はありませんが、2階建て以下を低層、3〜5階建を中層、6階建て以上を高層といいます。マンションは中高層というイメージがありますが、住宅の回りに立つリゾートのような2〜3階建てのマンションを低層マンションと呼ぶこともあります。

低層マンションの魅力ですが、周囲の住宅環境にめぐまれ、建物が低いため圧迫感がないことです。低層マンションが建つ場所は高層マンションとは違い、一戸建てが多い地域です。そのため、「日当たりが良く、静かな環境」といわれる第一種低層住宅専用地域と呼ばれている所にしか建てられません。商業地域のように賑やかでうるさい地域ではないところなので子育て家族にも安心できるのです。また、庭付きも多いのでペットも飼えたり、子供がのびのびと遊べ、一戸建てよりもコストのかからないということです。また、中に入っていくと、緑の美しい中庭が広がり開放的でストレスがとれそうな雰囲気と、プライバシーを重視した建物が多いのが特徴です。低層マンションはタワーマンションのように便利さや様々なサービスはありませんが、一戸建てに近いおしゃれで優雅な建物と部屋がマンションと一戸建てのいい所を兼ね備えた建物になっていますので最近人気が出てきています。

低層マンションの短所ですが、一戸建てよりは安いのですが、高層マンションに比べ値段が高くなりがちです。また、エレベータがないことで管理費は安いのですが年をとったときに住むことができるマンションなのかどうかという点です。高齢になると体の動きが自由になりませんので車椅子生活の事をふくめて、出入りも難しくなりそうです。そのため、低層マンションにこだわる人は、庭付き1階に住む方も多くなりました。また、規模が小さいので共用施設があまりなく、夜間の管理も人ではなく機械管理になってしまうことです。

低層マンションの探し方ですが、ネットで「新築低層マンション特集」と検索すると地域ごとに写真付きででてきます。間取りや設備なども詳しく診ることができます。メゾネットタイプもあり、お子様にも喜ばれる2階だての家のイメージと庭付きが人気です。

マンションを購入するにしても借りるにしても、自分たちの暮らしに向いているのは低層マンションなのか高層マンションなのかを考えることが大事です。それには環境や利便性のどちらを優先するのかで変わってきます。低層マンションの特徴の一戸建て感覚がいいのか、高層マンションのようにホテルのような生活がいいのか、実際に見学してしっかり考え自分たちのライフスタイルに合わせた選択をしてほしいと思います。

カルシウムに関する健康情報をここで入手

リンク

住友不動産販売で

不動産について検討しよう

アントシアニンのことならこれ