MENU

話題の格安マンション

売れ残りや売主の倒産などの理由で当初の販売価格から2〜3割引きで売りに出されている格安マンションが話題になっています。安いことが魅力なので、すぐに購入したい気持ちになりますが、そのような訳ありマンションは買ってもいいのか、後に困ることがないのかと心配や不安になる人も多いようです。

ペットと一緒に暮らせるお部屋
ダイワリビングの賃貸

最近、新聞の折込チラシにも「アウトレット価格」や「新価格」などの呼びかけでマンションが1,000万円前後の価格で売りに出されているのを目にします。このからくりは、売主が売り残り物件を処分するということもありますが、元の売主が経営が苦しくなったり破綻した場合、新しい買い主に安い値段で売り、新しい売主は販売価格をより安くお客様に提供できるということなのです。格安マンションを旧売主から買い取って販売する再販会社も多くなってきています。

マンションの売れ行きが悪くなってきた理由で格安マンションが増えてきています。今首都圏では販売在庫数が1万戸を越えていてその半分は完成済みになっているのです。値下げをしたときが買い時かもしれません。

ビタミンの天然成分の効果などの情報サイト

売れ残りのマンションというとマイナスのイメージがありそうですが、もともとその物件が高すぎた理由で売れ残っていますので、欠陥など、物件そのものに原因があるわけではありません。新築マンションが安くなるわけですので、購入することはお得といえると思います。ただし、通勤や通学などしにくい不便な場所も多いこともありますので、納得したうえで考えればいいのではないでしょうか。

格安物件を購入する時に注意しなければならないことですが、売主が変わっていない場合ならいいのですが、新しい売主に変わっている場合は信用の部分で心配な事もあると思います。契約から引き渡しの間に販売会社が倒産すると、手付金を払ってもお金が戻ってこないことがあります。そうならないように、1,000万円の手付金を払った場合は保証書が発行される事になっていますので、契約時には保証書を受けとることを忘れないください。

リンク

糖化の情報サイト

カシスの成分や効果について

不動産について

お考えの方はこちら