MENU

海外の住宅の特徴

定年後海外に住みたいという人は毎年増えてきています。例えばアメリカ・アジア・ヨーロッパなどそれぞれに国の良い所はありますが、日本人はアジア方面に行きたがるようです。年を取ってから夫婦で生活するのに良く、気候的に過ごしやすいのと物価が安いという理由でしょう。私の父も母と一緒にマレーシアにあるクアラルンプールにしばらく住んでいました。いつかは永住を考えているようですが、その良さはたくさんあるそうです。家具付きのマンションがほとんどなのです。ベッド・ダイニングテーブル・ソファセット・冷蔵庫など一通りそろっている物件が多く、契約前には追加で家具や電化製品の交渉が可能です。日本料理屋やスーパーなども日系のお店も揃っている所が人気なのでしょう。

健康な毎日のために
ルテインのサイト(URL)

住宅習慣ですがマレーシアの賃貸物件は保証金は1ヶ月分くらいです。日本では管理している不動産会社を通しますが、マレーシアは直接オーナーさんと交渉もできるので家賃の交渉をしたりする人もいます。マレーシアでは水の状態が悪いので、契約前に水道を確認してどれくらいの水圧があるか調べた方がいいと思います。また、マレーシアでは修理をしないといけない物件が多いので、入居した後、修理などオーナーさんときちんと交渉してくれる不動産を選ぶことが大事です。

コンドロイチンの情報サイトはこれ

アメリカの住宅事情ですが、私も16年前家族でアメリカのカリフォルニア州に住んでいました。オレンジカウンティのアーバインという所ですが、ゲートに囲まれたタウンハウスや一戸建てが多く立ち並んでいました。さらに日系のスーパーマーケットやレストランがたくさんありましたので、日本人には住みやすく治安も良い場所ということで、他の地域より賃貸料も高めになります。また近くには子供たちが通える日本人学校があり公立学校のレベルも高いので日本人の駐在員が多く住んでいます。お子様のいる家庭でも、お子様を預けてお母様がタダで学べる英会話の学校もあります。今、オレンジカウンティはモデル都市として注目を集めていて日本人がどんどん増えてきています。

リンク

マルチビタミン│健康食品特集サイト

気になるマルチビタミンについての情報はここ