MENU

マイホームつくりの失敗例・成功例

家をつくるというのは一生に一度の買い物と言われるほど大切で大きい買い物です。その家をつくるのに失敗しないようにしたいとお考えの方は多いのですが、つくってみてはじめてここが失敗したという、後になってわかる事もあります。なるべく大きな失敗をしないようにつくりたいですよね。しかし、失敗から学ぶこともありますので失敗を経験してすばらしい家ができると思います。友人や知人に伝えたりすることもできます。家づくりを考えるなら実例を知るのが一番です。失敗例に学び、成功例を参考にしたら理想以上に素敵な我が家が完成します。

健康のために必要なグルコサミンの情報サイト

成功例では、「キッチンを高くしたら使い勝手が良くなった」「トイレが2つあるのは便利」「収納スペースがたくさんあるのは便利」「家事室があると使いやすいなどです。

失敗例では、「吹き抜けをつくったが臭いが気になり換気対策が必要だった」「新築したばかりなのにエアコンがきかない。原因は内部にこもる熱の通気層がないし断熱材がかなり安い素材だった・換気計画が十分でない建物だった」「リビングに家具を置いたらテレビの位置が相当近すぎる」「クローゼットの扉が狭く出し入れしにくい」「2階の音が響く」「吹き抜けは掃除がしにくい」などです。

家づくりで気をつけなければいけないのは、住んでから発覚する欠陥住宅もその一つです。多くの場合は住んでから何年も経過して欠陥住宅だったということが多いのです。その場合、対処ができない場合がほとんどなのです。欠陥住宅にあたってしまうことほど運の悪いものはありませんので、欠陥住宅にあたらないためにきちんとした業者を選ぶことが大切です。設計や施行業者からも話を聞いたりして、現場をみたり、計画前から話を聞くことが大事です。また、契約を急がせる業者もあやしいです。こういうケースは会社の資金繰りが大変な事が多いのです。納得していない段階で急がせる業者は選択しないことです。

センチュリーの詳細情報はこちら

リンク