MENU

天災対策の家

天災は地震・台風・洪水・雷など自然現象によってもたらされる災難のことです。3/11に起きた東日本大震災の地震による津波も天災になります。今回の地震による津波は被害の大きさをみんなが予想することができませんでした。対策を立てるにしても、どんなに津波の被害を想定していも、せいぜい高台に家を建てたりすることしか考えが思い浮かびません。家の建築の心構えなど想像もつかないのが津波でもあります。

今回の大きな震災で身内の方、知り合いの方を失ってしまった方もいるでしょう。そうなると家を建てるとき耐震性能が気になってきます。耐震性能は平成17年前の阪神淡路大震災以降、建築基準法が改正されかなり厳しくなってきました。この改正以前に建てられた家は建築基準法の対象にはなりませんので、中古物件を検討している方は気をつけなければいけません。現在の建築基準法では細かく耐震診断が義務づけられています。今回のような大津波に関しては対応していないというのが問題です。大津波などの対策はとても人間の知恵や力では対応しきれないものです。せっかく家を新築しても地震や津波などで崩壊してしまう事や大切な人の命まで失ってしまうことは、生きる望みがなくなるほど悲しく怒りがこみあげ、言葉では表現できないほどです。

こちらのサイトでは、健康になるための成分などを紹介しています。

家づくりには様々な「工法」があります。「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」などそれぞれに良いところと悪い所がありますので比較してみて、自分たちの条件に合わせて決めていきましょう。地震や台風はいつ起きても怖いものです。報道では家が傾いたり、避難しなければいけないという光景を目にします。私たちは他人事のように報道を見ていますが、いつ自分の身に天災がおこるか分かりません。日本に住んでいる限りは、誰にでも起こりうることなのです。大切な家族を守る家は安心できる造りにしたいものです。地震や台風に強い家づくりとして土地・地域・構造をきちんと把握することが大事です。例えば地域によって台風による被害が大きい・数年ごとに地震が来やすい・津波被害もよくあるなどその内容によって対策を考えることは大切でしょう。地域だけでなくその土地の地盤の良し悪しも考えなければなりません。細かいことを考えると、家つくりに大変なリスクを感じる人も多いと思いますが夢のマイホームに向けて耐震を考えたり、津波の被害などは保険をきちんとかけておくなどの対策をし、避難経路を確保することを家族みんなで考えていくことが重要です。

リンク

サプリの情報サイト

グルコサミンの成分や効果などを紹介します

東急リバブルのFBページ(Real Solution)